ジビエレザー

初のmakuakeプロジェクトがスタートしました!

初のmakuakeプロジェクトがスタートしました!

こんにちはグルーバーレザーの徳永です。
この場を借りてご支援していただいた方々、プロジェクトを応援してくれている方々、またページを見てくれた方々本当に有難うございます。

今後もガンガン露出できるように頑張りたいと思います!

そもそもなぜmakuakeプロジェクトにチャレンジしようと思ったか?

信州鹿革とは長野市で駆除され、長野市営ジビエ加工センターで加工された革を指します。そこで食肉と皮に分けられ、そこから飯田市の株式会社メルセンによって革としてなめされます。
そこからグルーバーレザーで形になり皆様のものに行くわけですが‥‥‥
この内容を深掘りしてネット上でしっかり説明するのはなかなか難しい!
(僕らの影響力ではまだまだです💦)

上のような説明もなるべく完結に伝えようとしましたが、しっかりとページづくりをして、伝えられるプラットフォームって「makuakeしかないな」と感じたんです。

なぜしっかりと伝える必要がある?

最初はこちらのブログ記事にあるように駆除さられた鹿が革になるまでの道は作れたが、月々仕上がる革の量に対してまだまだ革の販路が足りないと言う状況でしたので、「じゃあ僕達がMakuakeを通して全国に広めよう」って単純に思っていました。

でも、makuakeのページを作りながら本当にこの活動って「後世に残すべき活動だな!」って感じたんです。
この時代に生まれた僕の子供も
僕が子供の頃よりもずっと温暖化になってしまって💦各地で色々な歪みが出て来ています。

皆が未来の地球に少し不安な状態にいる気がしています。
でも自分の生活もあるしどうする事も出来ない。
僕も含めて多くの方はそんな状況だと思うんです。そこで出来ないなりにこのMakuakeプロジェクトを進めたら何らかの変化は起きるんじゃないかな?「エシカルやSDGSとか分からないなりにでも進めてみよう!」と思えて来たんです。

みんなのシェアで心が動く

ゴミを捨てる時は今までよりもちょっとだけ気を使ったり、地産地消のものに目を向けてみたり、ほんの少しでも僕らの活動がきっかけで誰かの何かに少しだけでも影響して欲しいと思います。

長野市から千曲市までの流れを持続性を持たせるための活動「信州鹿革エシカルプロジェクト」がメインなので、Makuakeにて支援して欲しい気持ちもありますが、一人でも多くの方に僕らの活動を知って頂き、少しでもエシカルを気に掛ける世の中になればいいと思います。
Makuakeページはこちらから