銀座NAGANO出店:あんず染めの鹿革販売開始

皆様お世話になっております!グルーバーレザーの徳永です。
2023年6月28日に千曲市役所さんの皆さんと銀座NAGANOにてイベントを開いてきました!

「フレフル信州/千曲市産あんずを味わう」年に6回開かれるフレフル信州のイベントで6月は千曲市と新宿高野フルーツパーラー様とのコラボイベント
フレフレフルーツ信州の略みたいですね(^○^)

僕らはこのイベントの千曲市の説明20分ある枠の内、5分間をあんず染めの鹿革を紹介する時間として頂きました。
これは異例の滑り込み!!!

5月中旬に出来上がったあんず染めの鹿革が6月28日のイベントに出ているのはちょっと早すぎる展開!

5月初旬に染め上がり、スリッパとお財布を仕上げると同時に千曲市に提出用のプレゼン資料を作り、中旬に千曲市に提出!!

マッハです!
なぜって杏の時期ということはわかっていたので、これは何か絡められるのでは?と思ったからです

千曲市の農林課に話を持って行くと
これはいいですね!」と好印象!
銀座NAGANOで杏のイベントがあるので一緒に出店できますか?」と、まさかのとんとん拍子?
こうして6月28日のイベント出展が決まり、と同時にその日から商品を陳列しましょう!ということに決まりました。
銀座NAGANOでの販売は2階、期間は9月末までです。

イベント当日!

銀座NAGANOに置かれる商品は「杏染革ルームスリッパ」「杏染革がま口長財布」キーケース、ペンケース、メガネケース、ポーチ

しっかりと前で登壇してくださいと言わんばかりの位置設定^^;

流石に銀座って敷居が高くちょっと緊張感気味^^;

銀座NAGANOのイベントが始まりました!

生食用のハーコットや、シロップ漬けの平和など杏にも加工用、生食用と種類が色々ありますが、生食用が一般に出て来たのがおおよそ7年ぐらい前だとか!?
そんなにハーコットって歴史が浅いんですね!

新宿高野の森山氏による杏の説明
数々の著書やテレビにも出演しているすごい方!

千曲市職員さんによる千曲市の魅力やあんずの生産背景などの説明の後はグルーバーレザーの出番なのですが、この千曲市の説明動画の中にあんず染めをしてくださる更級花織工房の窪田さんの紹介もあったことで、急遽しゃべる事をこの間に練り直し(^^;;
まぁ逆にガチガチに言葉を決めるよりも話しやすかったですが、ちょっと焦りましたw

あんず染めの鹿革(杏染革)の事はもちろん信州エシカルプロジェクトを経済と共に継続していける様に頑張ります!また、千曲市の魅力発信としてこのあんず染めの鹿革が、、、、どうたらこうたら?
よく覚えていません(^_^;)

説明の後はグルーバーレザーの動画を流し、あんず染めを知って頂きました。

この後がメインイベント!森山氏によるあんずの料理教室
主に行なっていたのは果物の切り方
結構僕もやりてーなーって思うタイプで見ていて楽しかったですね(^○^)

たくさん切り方を教えてもらった後は個々のデザインのパフェを完成させて食べたらイベント終了!
薔薇の切り方もやってましたね!

僕らも今後地元で行なっているジビエ料理とワークショップを合わせたイベントが銀座NAGANOで開催できる様に進めていきたいと思います。

和かふぇよろづやにてワークショップとジビエ三昧な夜

こういった活動が長野を盛り上げる何かのきっかけになってくれる事を願ってこれからも頑張りたいと思っております!

応援よろしくお願いいたします!!!!!