アイテム

カードが14枚入り機能抜群のミニ財布

カードが14枚入り機能抜群のミニ財布

2022/9

このお財布が出来てからある程度の時が経ちますが、依然人気のお財布です。
ミニマルが流行り始めてから小さくいお財布が色々出ていますが、細かい所まで手をかけている部分であったり、使い勝手の部分では負けてはいないと思っています!
それでは細かくリストを上げていこうと思います

  1. エクセラジッパーを使用
  2. 豚革を貼り高級感を演出
  3. 手の掛ける所の強度を上げている!
  4. カードが取り出しやすく、大容量!

エクセラジッパーを使用!

金具にはブランドがどうして行きたいかのこだわりが現れている部分でもあるかと思います。

僕らとしてはヴィンテージジッパーと言うよりも使いやすく、壊れにくい物が優先しているのが事実です。
雰囲気で、トラッカーウォレットなんかはユニバーサルジッパー(YKK)を使うことで、オールド感を演出していますが、基本的に毎日使うものにストレスを感じさせたく無いと言う思いがあります。
今後は、TALONやアサヒジッパーを使うこがあるかもしれませんが、なるべくテープはコットンですぐ壊れてしまうものよりは、ナイロンテープを使うと思います。

磨きを掛けたエクセラファスナー
通常ジッパー

YKKの説明を引用

他のメタルファスナーとは違い、エレメントの1つ1つの全面に入念に磨きをかけており、
スライダーの滑りもとてもなめらかなファスナーです。
見て頂いて分かるようにエレメントの輝きが別格なんです。
しかもゴールドのエレメントは本物の金を使っていると言うから驚きです。
価格は通常のメタルファスナーに比べると2~3倍程しますが、
その手間だったり素材だったりで値段が高額になってしまうんですね。

https://apparelx-news.jp/apparel-material/zipper/ykk-excella

上の説明のように滑りもよく、上質で日本一のシェアを誇りますからね(^○^)
ストレスを感じないものを提供したいと思っています!
小銭もしっかりと入る容量なので、安心してお使いいただけます。

豚革を貼り高級感を演出!

ウチのお財布は豚革(ピッグスキン)を貼ることで
他とはちょっと違うものになりますね(^○^)

豚の革は薄くしてもかなりの強度があり、お札を入れる際にとても入りやすくなる効果があります。
豚を貼らない場合もありますが、貼らない時は床面(裏)の毛羽を押さえる処理をします。
この時に豚を張っていると革の脂が領収書などに移ることを軽減する効果もあります。

グルーバーレザーでオーダーしたことがある方は良くご存知かもしてませんが、
セミオーダーとしてカラーの選択ができます。

基本的にカラーは黒とベージュを用意しており、内外装の革の色などと合わせる事によりその人独自のカスタムオーダーメイドのアイテムが出来上がります(^○^)
あまり知られていない所では、職人に聞くとその時にカラーバリエーションが増えていたりするかも?って所ですね😁

手を掛ける所の強度を上げている!

手のかけるところ?
どう言う事でしょうか?
お財布を使う際によく触る箇所が手の掛ける所ですが、このお財布の場合ですと
お札入れを広げる箇所ですね

革は基本的に馴染んで来て、使えば使うほど良い表情が出ます。
使う人の表情、歴史が革に刻み込まれることが愛着として出てくると思うのですが
この部分は強くあってほしい!
って言うところはあると思うんです。
それがここ👆
写真で手をかけているところですね(^○^)

革には吟面層(0.7ミリ程の表皮)がありますが、そこが一番強く、
写真ではその部分をヘリ返しすることで強度を増しています(吟面層が二重になる)
この部分が馴染む?と言うのは伸びる?
ってことに繋がると思うんですよね^^;
なのでウチのアイテムはこう言う部分に意識して作ってます!

カードが取り出しやすく大容量!

最初の見出しにあるように
なんとこのお財布のサイズで14枚もカードが入る!

写真にあるように小銭いれの下に12枚

小銭いれの下には使用頻度の低いカードを12枚
使用頻度の高いカードを2枚
上の写真のように入れていただく事でコンパクトで非常に使いやすいお財布ということを
感じていただけると思います!

このお財布は以前クラウドファンディングにてご支援いただいた商品のベースとなる商品です
お陰様でその際は沢山の方にご支援いただき皆様には喜んでいただいております(^○^)

お財布の詳しい情報はこちらから
ショップ内の商品には隠しスタッズなど様々な形がありますので、色々みてみて下さい(^○^)

インスタグラムはこちら
Twitterはこちら